ハウスクリーニングを開業する秘訣|ローコストで自営する

精算業務のスピードアップ

レジスター

効率的な商品管理

レジに求められる基本機能は売上の記録と現金管理です。オフラインで使用する初期型のレジでは、商品価格は数字ボタンを用いて入力します。お客から預かった金額を打ち込み、精算ボタンを押すと釣銭が計算され、現金の収納されているドロアのロックが外れる仕組みです。この基本的な流れは最新のレジでも変わりませんが、現在主流となっているのはposシステムと組み合わせて使用するposレジです。posは商品の販売記録を単品ごとに蓄積し、販売動向を把握する目的で開発されたシステムです。IT技術の発達とともにデータの迅速な処理が可能になり、精算にかかる時間の短縮にも繋がりました。posシステムは客数が多く、取り扱う品目の多い量販店には欠かせない管理ツールなのです。便利なposシステムですが、導入に当たっては事前準備が重要です。同一店舗内に複数のレジを置く場合は、それぞれのレジをネットワークでつなぐためにケーブル工事が必要となるケースもあります。基幹となる販売管理システムも含めれば数百万円単位の支出になることも珍しくありません。システム投資を行うことで効率的な経営が可能となりますが、そのための費用が会社を圧迫してしまっては元も子もないのです。店舗の来店客数、売上金額に応じたレジ台数を想定してから見積もりを取りましょう。先におおまかな予算金額を提示して、その範囲で導入可能なシステムを提案してもらうのも良い方法です。