ハウスクリーニングを開業する秘訣|ローコストで自営する

家事代行で起業する

作業員

工夫次第で新分野を開拓

ハウスクリーニングは、新しいタイプの家事代行業として注目されている業種です。比較的低リスクで開業できることから、独立を目指す人の間でも人気があります。ハウスクリーニングの仕事内容は多岐にわたります。一般的なのは室内の掃除代行ですが、通常のルームクリーニングに加え、エアコンやキッチンダクトの分解清掃など、素人にはなかなかできない作業も手がけます。また、庭の落ち葉掃きや草むしりなど、室外の清掃を行うこともあります。さらに、サービスの対象もさまざまです。一般家庭のほかにオフィスクリーニングを兼業したり、お年寄り世帯の見守りサービスをセットにしたりすることもあります。賃貸住宅に退去者が出た際の後片付けのみを行ったりなど、専門分化を図ることもできます。つまりさまざまな仕事があるというよりは、営業上の工夫次第でさまざまな仕事を作り出せるといった方が適切であると言えます。ハウスクリーニングには開業免許や開業者に必要な資格などはありません。業務に必要な技術さえあれば、誰でも開業可能です。ハウスクリーニング技術の習得については、全国各地で研修会が定期的に開催されているので、受講すれば覚えられます。また、開業には事務所が必要となりますが、資金的に余裕がなければ自宅を事務所代わりにすることも可能です。仕事の依頼はほとんどが電話かメール、あるいは自らの訪問営業によってもたらされるため、あとは通信手段や営業車がそろえば事業を始められます。

個人でも独立開業しやすい

介護士と老人

訪問介護事業は大掛かりな設備が必要ないので、企業だけではなく個人でも参入しやすい分野です。参入するならノウハウが得られるフランチャイズに加盟した方が良いでしょう。フランチャイズの中での利用者が多いのが介護24です。加盟料が安く毎月のロイヤリティも不要です。また開業後の事務処理を代行してもらえます。

新しい発想で利益をアップ

配達

宅配でのビジネスを提案するのが、宅配コンサルタントです。売上をアップ出来るような方法を、宅配コンサルタントはコンサルティング業務を通じて提案します。売上が低迷した時にサービスを活用すれば、新しい活路が開けることがあります。